対戦相手のコール間違いや玉の順番間違いを指摘するか否か

こんにちは!

まっきーです。

児玉プロがあまりにも記事更新しないのでちょっと横入り^^

プロとペアマッチ

先日夜にちょこっと玉を突こうと児玉プロの勤務するナインアップへ立ち寄ったのですが、そこにいたのは國方P、飯間P、児玉P。

プロばっかやがな。

児玉Pが國方Pに店番を代わってもらったのを忘れて出勤。

そこにたまたま飯間Pが顔を出して3人揃ったとのこと。

4人で何かやろうと言う話になり10ボールペアマッチをすることに。

もちろん私はたくさんハンデをいただきました。

あと個人的にプロ公式戦採用ボールであるサイクロップよりも昔ながらのアラミスの方が好きなので、わがまま言ってアラミスでゲームさせてもらいました。

皆さん次の日曜はグランプリウエストやのにごめんよ。

※10ボール:10番を落としたら勝ちとなるゲーム。主要なルールは9ボールと一緒。

※ちょっと写真暗いな。相談しながら取り切る児玉、飯間ペア(第1試合)

 

※笑顔で取り切る國方、飯間ペア(第2試合)

 

全部で4回やって私は全敗・・・。

つまりプロは私と組んだら負けると言う感じでした。結構ハンデもろたのになんかすいません。

プロ3人に相手してもらい贅沢な時間でした。

私の負けが込んだところで終了。

カウンターでちょっぴりお酒を飲みながら玉突き談義です。

ペアマッチの最中に各プロのブレイク動画を撮らせてもらいましたので了承をいただき公開!

ちょっと暗いけどご容赦を。

※まずは國方Pのブレイク(スロー) 15秒あたりから

 

※続いて飯間Pブレイク(スロー) 25秒あたりから

 

※これも飯間Pブレイク 最後の方に児玉プロのボソッとした心の声が入っています

 

※我らが児玉Pブレイク(スロー) 4秒あたりから

対戦相手のコール間違いや玉間違いを指摘するか否か

みんなほろ酔いの頃に児玉Pが「ストリックランドのこの動画知ってる?」と言うことからこの話題が始まりました。

ストリックランドとは50代半ばのアメリカ人プロビリヤード選手で5回のUSオープンの優勝など輝かしい戦績を持つとともに、マナーが悪い選手としても有名です。

Youtubeの検索窓口でストリックランドと入力すると予測変換一つ目が「ストリックランド 乱闘」、二つ目が「ストリックランド キュー 折る」。・・・。やっぱこの人はある意味すごい。

海外プロのコール間違いトラブル動画

試合種目14-1、アール・ストリックランド(アメリカ)vsジェイソン・ショウ(イングランド)。

ジェイソン・ショウも負けん気の強い選手として有名です。

動画の28秒あたりでストリックランドが何かをコールし10番をいれますが、ジェイソン・ショウがストリックランドが2番をコールしたと主張。

ストリックランドは10番をコールしたと主張。

あとは水掛け論。

28秒あたりで聞こえにくいけどストリックランドが「Two ball」と言っているようにも聞こえるがよー分からん。

その後の展開はYoutubeを見てみてください。

さて、あなたが実際に試合でこんなトラブルに遭遇したらどうしますか?

コール間違い

怪しいコールや明らかに間違ったコールをしていた場合は疑問形で復唱する、普通にはっきりと復唱するなど様々な意見が出ました。

疑問形で復唱すると言うことは暗に「ほんまにそれでええの?」と促すと言うこと。

普通にはっきりと復唱すると言うことは、相手が間違いコールだったとしても「ちゃんと確認したよね?」と言うことです。

ストリックランドのこの動画はコール間違いの問題よりもその口論っぷりが印象的です。

ちなみに私はコールショットの試合で微妙なコールをされたら必ず復唱するようにしています。

玉の順番間違い

児玉P対戦相手が明らかに玉の順番間違いをしているのに気づいたら相手が突く前に指摘するそうです。

飯間Pは実際に試合で指摘しているのを児玉Pが確認しています。

うーん、スポーツマンシップ。

國方Pは「難しい問題やな〜」と。

状況によるのでしょう。

ちなみに私はオープン戦で順番間違いをして「4番があるのに6番をついたからファール!」と対戦相手に皆まで言われてグウの音も出なかったと言うことがありました・・・。

まーでも対戦相手の順番間違いに気付いてファールしてから指摘しても別に卑怯ではないと思います。

と言うか間違えた方のミスなのは明らかですよね。

最後に

ペアマッチに関しては「覚えとれよ!」とも言えないようなレベルの差なので練習あるのみです・・・。

コールの間違いや玉の順番間違いは、結局は指摘するもしないもプレーヤーの自由で正しいも間違っているもない。

それぞれのポリシーに準じれば良い。

と言うことでおさまりました。

できれば試合でこんな場面って出会いたくないですよね。

いつか出会うかもしれないこう言う場面に自分ならどうするか決めておいてもいいかもしれません。

さて遠くアメリカではUS OPENが開催されていますね。

JPBAからの出場は5人かな?頑張れ〜!!

最後まで読んでいただきありがとうございました。

まっきー

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

覚えとれよ〜〜〜〜〜!!!!

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

Challenge Match at LAZY! (京都府京丹後市)

アパレルメーカーさん×ビリヤードプロの巻

ちーたまが勤務しているBilliards Cafe&Bar 9upのご紹介